ドイツに生まれる。1939年、ナチスに追われドイツからイギリスに渡るが、翌年カナダへ送還される。過酷な生活の中で彫刻家になることを決意したコパーは、イギリスへ戻った後、ロンドンにてルーシー・リーと出会い、彼女のもとで陶磁器製作を始める。
コパー作品の彫刻的とも言えるフォルムは、鋭角な輪郭線とやわらかな曲面を併せ持つ。それらはろくろで成形したピースを結合させる手法により確立されたコパー独特の手法であり、ルーシーと共にヨーロッパを代表する現代陶芸家として世界的に高く評価されている。

English

ハンス・コパー

Back to Top

黒釉花器

シリンダー花器

ポット

Hans Coper 1920-1981

Pot
c.1952





Black-Glazed vase
1960s

Vase
1970s