栗木達介は1943年愛知県瀬戸市に生まれました。1962年京都市立美術大学に入学し、富本憲吉、近藤悠三、藤本能道らに師事し、特に富本最後の学生として大きな影響を受けました。卒業後は、瀬戸に戻り作陶を始め、主に手捻りによる作品を発表し、朝日陶芸展においては三度の大賞を受賞しました。また、日展など各種公募展においても受賞を重ね、若年時から注目されました。 栗木の作陶は、器体の亀裂や形の歪みを特に拒みます。陶芸を営む家に生まれ育ったゆえ、高い技術とストイックな仕事に裏付けられた、複雑で完成度の高い新たな焼きものの造形のあり方を示しました。1983年からは母校の京都市立芸術大学で教鞭をとり、1993年には教授に就任するなど、後進の指導も積極的に行いました。1980年以降は個展発表を主に、寡作ながらも様々な活動を繰り広げた栗木ですが、2013年に急逝し多くの人から惜しまれています。

English

栗木達介

Back to Top

Stoneware vase with resist-applied slip decoration and thin silver glaze
c.1985





Stoneware globular vessel with black and silver glazes
c.1980

Kuriki Tatsusuke 1943-2013

銀紅彩文花器

黒釉銀彩扁壷