金襴手丸盒

白磁壷

染附上繪赤混用角大鉢

富本憲吉

富本憲吉は1904(明治37)年東京美術学校に入学し、建築と室内装飾を専攻しました。その後英国に留学し、ウィリアム・モリスのアーツ・アンド・クラフツ運動の思想に触れて帰国後、バーナード・リーチとの出会いの中で作陶の道に入っていきました。最初は安塔村の自宅に楽窯を築き制作しますが、陶芸に対する 興味を深め本格的な窯を築き、独自の白磁や染付を完成して白磁の時代を確立しました。その後東京祖師谷に築窯し作陶に励みます。1936(昭和11)年には九谷の北出塔次郎の窯で色絵磁器の研 究と制作を行い、白磁とは異なる美しい色彩の色絵磁器を造り出しました。第二次世界大戦後に 京都に移り、晩年の色絵・金銀彩の世界を展開し、1955(昭和30)年には「色絵磁器」で第1回重要 無形文化財保持者(人間国宝)に認定されました。このように富本の作陶は、白磁や染付の大和時代、 色絵磁器の東京時代、色絵金銀彩の京都時代と大きく三時代に分けることができますが、各時代を通じて珠玉の名品を生み出し、1961(昭和36)年文化勲章を受章しています。1963(昭和38)年に 他界するまでの約50年にわたり「模様より模様を造る可からず」という信念のもと多彩な作品を残し、日本の近代陶芸史に輝かしい足跡を残しました。English

Back to Top

Jar,
White porcelain
1931




Squared plate,underglaze
blue and overglaze enamels
1940

Round box, with silver
and gold on Red Enamel
Overglaze
1936

Tomimoto Kenkichi 1886-1963