河井寬次郎

河井寛次郎は、明治23年(1890)島根県安来市に生まれました。東京高等工業学校(現東京工業大学)窯業科に学んだ後、京都市立陶磁器試験場で釉薬の研究を中心に陶芸の技術を磨き、大正9年(1920)には京都五条坂に独立築窯して、「鐘渓窯」と名付け、本格的に自らの作陶活動を展開しました。翌10年(1921)東京高島屋で第1回創作陶磁展の開催にあたり上京しますが、この時以後生涯にわたり寛次郎のよき理解者となる川勝堅一と親交を結ぶこととなります。河井はこの個展で中国古陶磁研究の成果の表れた作品を発表し絶賛されます。しかし、一度得た名声に安住することなく、新境地を開き哲学者の柳宗悦や浜田庄司らとともに民藝運動に傾斜していきます。そして、寛次郎の作風は終戦の前後から、技術の高さを超えたより主観的で内面的な人間性が表出した独自の世界へと展開していきました。English  

Back to Top

Vase, design of
flower
1950s




Vase, design of
flower
1960s

花扁壷

花扁壷呉洲

草花図洋茶器

Kawai Kanjirō 1890-1966

A set of 6 teacups and saucers with flower design